優しい風の中で手を繋いだあの日に

きっとひとりじゃないから

00033 // しなやかに

強く生きる

それは、わたしにとって

小さい頃から課せられた課題で

ピンと背筋を伸ばして

どんな風が吹いても

ビクともしない

大きな大木のようだった。

 

でも、

風は凄まじく

雨は降り続き

ボロボロになった大木は

ピンとまっすぐの姿勢を保ちつつ

栄養のない痩せた土地で

中身はスカスカでカラカラで

最後に力で折られた時

ボキッと音を立てて

無残に砕け散った。

 

強く生きることは

しなやかに風に乗って踊る

柔らかくて

フワフワした

雑草なんだと気付いたのは

大人になってからだった。

風が吹けば

揺れて

踏まれたら無残に地べたに顔がつく

でも、あたたかい日光と適度な雨で

もう一度起き上がる。

栄養たっぷりの超えた大地の上で

されるがまま

なすがままに

常に風に吹かれて

フラフラ揺れ続けていても

しなやかなその姿は

パッキリ折れることはない。

 

大木になることも難しかった

でも

雑草になることも

わたしにとっては同じくらい難しい

 

それは

 

自分の弱さを認めるのが

きっと

 

怖いから。

 

風に吹かれてユラユラしたい

大地の恵みを十分もらって

何気なく日々を過ごしたい。

カチカチの硬い殻で覆わなくても

折れないようドンと足を地面に

無理やりつけなくても

 

生きていける強さが欲しい。

 

それが本当に強いことだと

思うから。

 

Thank you for coming here :)