優しい風の中で手を繋いだあの日に

きっとひとりじゃないから

00030 // 甘い言葉の響きに

笑ってる顔が好き。

 

その言葉に胸が震えた

わたしの笑顔が

誰かを幸せにするなんて

生まれて初めて知った

 

でも、怒ってる顔も好き。

 

そんなこと言われたら

どんな顔をしたらいいか

わからなくなっちゃうよ

 

わたしが何を感じて、何を思って

何を表現して、何を声に出しても

 

そんな君が好き。

 

そう言われること、慣れてなかった

ううん、今でも、相変わらず慣れてないよ

 

わたしにとって

わたしは紙切れ一枚より軽い存在なのに

あなたにとって

わたしはこの世で最も愛しい唯一無二の存在

 

わたしは大切にされることに慣れてないの

人を信じることもうまくないの

一番大事にするのは自分自身のはずなのに

 

大丈夫、俺が君を君より大事にするから。

 

目が覚めて

あの手を離したこと

後悔はしなかった

そうするしかなかったから

その言葉を夢で思い出せただけで

今日、目覚めることが出来て

幸せな日なんだと思ったから

 

 

Thank you for coming here :)