優しい風の中で手を繋いだあの日に

きっとひとりじゃないから

00025 // ぐるぐる回る

前からそう。

同じことをぐるぐる考えて、

同じ場所でぐるぐる回って、

永遠にぐるぐる、

ゴールなんてないのかもしれないと、

ちょっと弱気になったりもして。

 

回っていると、出口が見えなくて、

そもそも、回っていることに、

意味があるのかと自分に問う。

 

でもね、その先にある何かを見つけたら、

きっと、こう思うの。

回らなければ、そこには辿り着けなかった。

回らないで、いきなり出口には出会えなかった。

 

そう思うと、ちょっとだけ希望が見える。

同じところをぐるぐる回り続けていても、

本当は、そこは同じところじゃなくて、

自分では分からないくらいゆっくりと、

何かに向かっている。

 

回っていていいよ、いくらでも。

辛い時期が長くても、

希望が見えなくても、

終わりはどこかに必ずあって、

突然、目の前に現れるから。

 

Thank you for coming here :)