優しい風の中で手を繋いだあの日に

きっとひとりじゃないから

00022 // 世の中は変わらなくても

何度 涙をこらえただろう

負けるもんか

打ち勝ってやる

諦めるな

まだ 頑張れる

そうやって 自分自身に

言い聞かせてきた日々

 

また 笑える日が来ると信じて

何度も何度も 立ち上がった

 

ねえ

あなたがいなくなっても

世の中は変わらない

わたしがいなくなっても

世の中は変わらない

 

でも

あなたが

わたしが

いなくなることで

確実に世界が変わる人はいる

人間はそうやって

大きな社会の一粒の石でありながら

小さな社会の大きな歯車でもあり

 

あなたがいなくなったことは

わたしにとってあまりにも辛く

ねえ

わたしがいなくなったら

誰かも同じように辛くなるのかな

 

だから 前を見て

生きたいと願うのかな

 

Thank you for coming here :)