優しい風の中で手を繋いだあの日に

きっとひとりじゃないから

00003 // あの手の中に

f:id:miunenearu:20160714084919j:plain

 

愛がなくても生きていけると、
強がっていたあの頃。
手に入らないものを嘆くなら、
手に入るものを貪って、
愛の代わりを探してた。

 

今でも思うよ。
愛がなくても生きていけるんじゃないか。
他にもたくさん大切があるから。

 

でもね、
負け惜しみかな、と思うようになった。

わたしは、きっと、少しだけ弱くなった。
どんなに望んでも、歳は重ねていくし、
経験ばかりが増えていくのに、
新しいものを得る機会は減っていく。

 

愛がすべてじゃないけれど、
愛がない生き方に心が揺れる。

 

この世で産声をあげた、
壊れそうな小さなわたしが、
選んでもいないのに課されたこと。

 

生きていく覚悟をあの小さな手で握りしめて。

あの覚悟をわたしは、一生握りしめていられるのかな。

 

Thank you for coming here :)